ヘルスとの違い | 魅力いっぱいの風俗アルバイト

ヘルスとの違い

風俗のヘルスというのは、性的サービスを提供するお店のことで、そのサービスを行う女性のことをヘルス嬢といいます。
風俗のメンズエステ店というのは、性的要素が加わったマッサージを提供するお店のことで、サービスを行う女性のことをセラピストといいます。
このように、女性に対する呼び名が変わります。

また、ヘルスの場合にはヘルス嬢と男性客が対等の立場でサービスを行います。
メンズエステ店の場合には、男性は完全に受け身でサービスを受けることになります。基本的に女性に触ることも禁止されています。

メンズエステ店では、様々なサービスを受けることが出来ます。
希望のサービスに合わせてコースを選択することが出来ます。
ここでは、主なプレイ内容について紹介します。

・オイルマッサージ
無臭のオイルを使用してマッサージをしていきます。オイルを使用することでサービスをする際の皮膚への負担を軽減させます。筋肉を柔らかくすることができるので疲労回復、コリ解消といった効果を実感することが出来ます。また、オイルにアロマ効果が含まれているものを使用することでリラクゼーション効果を実感することが出来ます。

・パウダー
ベビーパウダーを使用してマッサージをすることで、パウダー独特のサワサワとした感触を体験することが出来ます。

・リンパマッサージ
体内に流れているリンパ液を良くするマッサージです。特にリンパ管が集中している股間周辺を刺激しますので、快感と興奮を味わうことが出来ます。

・手コキ
手でペニスをしごいてもらう行為です。感度が高まり、射精をする際に行ってもらうことが出来ます。

メンズエステでは前立腺マッサージというサービスがあります。

前立腺というのは男性にしかない器官です。刺激をすることで、強い快感を得ることが出来ます。
射精をすることなく絶頂を迎えることが出来るのです。
射精をしないので、何度でも絶頂を味わうことができ、この感覚は女性の絶頂と似ていると言われています。

また、前立腺を刺激するサービスは、メンズエステ店以外にもSM店で利用することが出来ます。